FC2ブログ

警備服 ワッペン 仕様書・服装届の作成承ります。

警備用品・防犯用品プロショップ 株式会社タンタカでは

オンラインショップにてさまざまな 警備グッズを取り扱っております。


「警備用品・防犯用品プロショップ

 株式会社タンタカ オンラインショップ」

http://tantaka.ocnk.net/



弊社では、ワッペンの作成 警備服など警備業にかかわるアイテム全般を取り扱っております。


新しく警備会社を始める際は、公安委員への届け出 認定手続きなどを行ってもらうのですが、

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/k_keibi/6sinsei/sinsei1.htm

参考、警視庁ホームページ 


おおむね 認定が下りるまで1か月程度かかる場合がおおいです、その間に制服のデザイン ワッペンなどを作るのですが、一番制作に時間がかかるものがワッペンです。


まずワッペンのデザインなどを一番に決め、その後 制服のデザイン 装備品など小物アイテムの選定に取り掛かるのが鉄則です。


ワッペンは、既成デザインのワッペンに刺しゅうで社名などを入れるものと、オリジナルで御社オリジナルのデザインを制作し作る場合と二種類ございます。

既成のワッペンにししゅうを入れるだけであれば、納期はそれほどかかりませんが、既製品なので他の警備会社と同じデザインのワッペンになる場合があります、そんな時はオリジナルでワッペンを作ることをお勧めします。

オリジナルデザインのワッペンの場合、織マーク、ウレタン、など様々な方法がございますが、既製品のワッペンとは違い、最初に金型を作るため、高価な金型代がかかったり、1か月以上の納期がかかるなどする場合があります、なので最初に申しあげたように認定が下りるまでにワッペンの作成を急がないと認定が下りたのにワッペンがないために仕事ができないという事態が起こりますので、ワッペンの制作を一番にすることをお勧めします。


ワッペンの作成 制服のデザインなど決まりましたら 公安委員に届ける仕様書などの服装届が必要となります、各種届け出のフォームに従って書類を準備、作成し届け出るのですが、警備業をはじめて間もない皆さんは、この書類の作成に結構頭を悩まされておられるようです。


警備用品タンタカ WEB通販担当のブログ

服装届 ワッペンの面積など届ける書類はいろいろとございます。

弊社ではそういった必要書類の制作なども、同時に承っておりますので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。


弊社では、警備に使用するあらゆるアイテムをお取り扱いしておりますので、不明な点がございましたらなんなりとお問い合わせください。

スポンサーサイト



しあわせの黄色い旗

警備用品・防犯用品プロショップ 株式会社タンタカでは

オンラインショップにてさまざまな 警備グッズを取り扱っております。


「警備用品・防犯用品プロショップ

 株式会社タンタカ オンラインショップ」

http://tantaka.ocnk.net/


当社では、警備用の手旗などを販売しておりますが、

今回思いがけない用途に使うということで、黄色い手旗を販売させていただきました。


警備用品タンタカ WEB通販担当のブログ

こちらの黄色い手旗、「しあわせの黄色い旗(ハンカチ)」として、東日本大震災の被災地などで 一人住まいの安否確認のために使われているそうですが、黄色い旗を住宅の玄関先に出しておき、それによってといった住まわれている方が元気かどうかを地域住民一丸となって、確認するといった取り組みをしているそうです。


震災から丸一年経ちましたが、まだまだ仮設住まいの方々がたくさんおられるようですね、17年前の阪神大震災を経験した我々にとっても、こういった形でも何か被災者のお役にたつことができるということがうれしいです。


お問い合わせご購入は

http://tantaka.ocnk.net/product-list/55 まで


3.11 東日本大震災 に想うこと

警備用品・防犯用品プロショップ 株式会社タンタカでは

オンラインショップにてさまざまな 警備グッズを取り扱っております。


「警備用品・防犯用品プロショップ

 株式会社タンタカ オンラインショップ」

http://tantaka.ocnk.net/


本日 3.11は、 東日本大震災のメモリアルデーです。

あの忌まわしい大地震から1年が経ちました

被害に逢われた皆様にはお見舞い申し上げます。


私事ですが、神戸在住ゆえ、17年前にあの阪神大震災に逢いました。


私の父が、この株式会社タンタカの社長で、震災前から警備制服や、警備用品などの販売をやっていました、

当時私は、まだこの仕事をしておらず、印刷屋で製版などの仕事に従事しておりましたが、震災後の家屋解体や、道路工事など復興などの業務にかかわる、地元神戸の警備会社の仕事が忙しくなり、それに伴い当社の仕事も忙しくなり始めてたので、震災から半年後に父の仕事の手伝いをすることになりました。


警備業は、復興にかかわる大事な仕事ゆえ、当社も震災後 何年間も忙しい状態が続きました。

わたくしがこの仕事に就いたのも、ある意味 この震災が起きたからであり、人生の転期でした。


今回の東日本大震災も、規模は全く違いますが、あの時の神戸の震災の後の状況と似通っているように思います、私が住む神戸もそれは長い時間がかかりましたが、確実に復興を遂げております。


今回の東日本大震災で被害に逢われながら、復興にかかわるお仕事をされているみなさん

遠い神戸の地から 皆様のいち早い復興を祈っております



プロフィール

ケイプロセック

Author:ケイプロセック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR